2011年7月ニューズ

デザイナーズ住宅 設計事務所紹介デザイナーズ住宅english page

2011年7月30日 ・
地鎮祭~まもなく着工です~

今日は、朝から晴天に恵まれてVillaVenereの地鎮祭を迎えることが出来ました。
villa-venere地鎮祭-祭殿.JPG
地鎮祭は、地方によって流れも作法も様々です。
九州地方と関西地方の違いも何かあったけど忘れました。
そして、今回は三重県神様のもとで行われたのですが、またちょっと違ってました。
地鎮の儀には、その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、初めて土をおこす「穿初(うがちぞめ)」、初めて土をならず「土均(つちならし)」と行います。関西圏のかりぞめは設計士が行います。うがちぞめは、建て主様が行います。しかし、この部分が三重では逆でした。儀式が逆になったことで、うちの社長も初めてうがちぞめの儀をする経験になりました。
villa-venere地鎮祭-うがちぞめ
いよいよ工事が始まります。
前の模型がどのように色が着くか楽しみです。

| コメント ()

2011年7月29日 ・
外壁工事+瓦

外壁工事がはじまりました。
外壁下地
外壁下地

今は下地のアスファルトフェルトで黒色ですが、
薄い黄土色で自然な風合いとなる予定です。
瓦とも色、素材感共に愛称ピッタリです。

瓦には地元南あわじ市の瓦
ノミズの「朱華」を使用しています。

釉薬を使用せず微粒子の配合粘土(エンゴーベ)によって彩色しています。
艶消しのマットな自然の風合い・素材感、
一枚一枚微妙に違う色が集合することにより全体を構成しています。
まるで多様性によって成り立つ自然界の風景を見るような
何気ない美しさと、落ち着きを与えてくれます。

瓦

| コメント ()

2011年7月19日 ・
断熱材アイシネン施工

本日は1F床下への断熱材の施工です。

本物件では全館空調システムを導入しているため、
高気密高断熱性能の断熱材「アイシネン」を採用しています。

水によって瞬時に100倍に膨らむ発泡吹付断熱材です。
断熱性、気密性、耐湿性、吸音性、難燃性、施工性、安全性に優れており、
しかも生涯品質保証もしてくれます。

アイシネン
アイシネン
アイシネン
アイシネン

| コメント ()

2011年7月 4日 ・
構造見学会(制震GVAについて)

7月2日、3日と行なった構造見学会では
各地で公演してくださるGVAの営業の方(株式会社アイ・エム・エー)も来てくださり、
分かりやすく説明してくれました。



P1170149.JPG
現行基準法での在来工法は建物を耐力壁や金物で強固に固めて地震等の外力に抵抗する方法です。
しかし、建物(物体)にはそれぞれ固有周期があり、地震にもそれぞれ周期があります。
いくら強固に固めてもその周期に合った地震が来れば、
建物は揺れ(共振)、筋交いや金物が抵抗し、踏ん張ります。
揺れが大きければ、筋交いや金物も変形し破損してしまいます。
たとえ建物は崩れ落ちなくても大ダメージを受け、修復が必要となります。

固有周期

上の写真の3つの試験体(直接横から押すと3本支柱が一番強い)は地面の揺らし方次第で、
それぞれ大きく揺れたり、揺れなかったりします。

どのような周期の地震がいつ来るかは、予想が出来ないので、
揺れによる変形させようとするエネルギーにブレーキをかけ、熱エネルギーに変換するダンパーを使用して、揺れを吸収するのが制震GVA工法です。
このダンパーは筋交いよりも先に働き、揺れを半分くらいに抑えることができるそうです。
(風圧にはGVAはあまり効かず、筋交いが効いてきます。)

ダンパー

いわば、車をとめる時に壁に当てて止めるか、
ブレーキを使って止めるのかの違いで、
GVAは何度も効果を発揮するのでメンテナンスフリーで余震等にも安心です。



GVA

| コメント ()

 


・ニュース・


2011年7月

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






・プロジェクト毎





















・ 最近の記事


地鎮祭~まもなく着工です~
外壁工事+瓦
断熱材アイシネン施工
 

・ 最近のコメント


松本 眞 ご質問記入
dodici12 ご質問記入
松本 眞 ご質問記入


3Dウォークスルー