2012年12月ニューズ

デザイナーズ住宅 設計事務所紹介デザイナーズ住宅english page

2012年12月27日 ・
1Fレベルのスラブ

1Fレベルのスラブの型枠工事の最中です。

いち早く上からの眺めを確認するため
スラブ上へGOです。

スラブ上

スラブ型枠

およそリビング付近から。。
リビング眺め

およそダイニング付近から。。
夕暮れ

先端に近づくにつれ
視界での海の見える角度は広がっていきます。

一瞬で日が暮れてしまいましたが
とても美しい。。。

| コメント ()

小庇

本日は快晴も快晴。
放射冷却のせいか、とてつもなく冷え込んでいます。

玄関ポーチの屋根と小庇の鼻隠しのデザインは
ガリバリウム鋼板でモダンに仕上ます。

水切りや水も廻り込みなどを考慮し形作っていきます。

ガリバリウム鋼板

庇

| コメント ()

2012年12月22日 ・
現場打合せ

本日はお施主様同席での現場打合せです。

現場の状況、工事の進捗状況等、
現地で確認していただきました。

鉄筋コンクリートの施工方法など
とても興味を持っていただきました。

スラブ

現場確認

現場はというと
床スラブと梁の配筋の為、
型枠を支えるポスト(仮説柱)とビーム(仮設梁)を組んでいるところです。

ポスト

ビーム

| コメント ()

空調設備の仕込み。

空調関係の設備が仕込みがされました。

ドレーン管、冷媒管のルートなど確認します。

寝室などの壁掛けエアコンで
外部の意匠に影響する箇所はスリーブの壁内隠蔽としています。

最近では既設配管再利用可能(重汚れは不可)な機種も多くありますので、
もし、エアコンを取り替える際にも壁を壊さなくても大丈夫です。

スリーブ隠蔽

共有スペースは間仕切り無しの大空間の為、
天井埋め込みの空調設備を採用しています。。
天カセ
天井埋め込みエアコン

| コメント ()

2012年12月13日 ・
基礎スラブ

基礎スラブの施工が終わりました。
基礎スラブが斜面に対して上半分だけしかないのは
テラスの跳ね出し部分の重みでひっくり返えろうとする力に対して
重みともなるためです。
さらに土を乗せて重みを追加します。

基礎スラブ

キャンチレバー


基礎の壁や柱の配筋が組みはじめ
基礎のボリュームが少し分かりやすくなってきました。

柱型枠

壁配筋

| コメント ()

設備の仕込み

外は寒いですが
空気は澄んでいて快晴です。
遠くまで見渡すことが出来ます。
大FIX窓

折上げ天井の下地です。
天井下地

下地の工事と平行して設備関係の
配線や配管を仕込んでいきます。

各業者さんたちも現場で実寸を計り、
位置出しをしていきます。

実寸

| コメント ()

外部床のタイル仕上げ

gaibu-tile.JPG

カームハウジングの店舗は1階にあります。2階・3階は事務所です。

建物の前の空間をタイルで仕上げました。広く見せるために、又は不づろい形を目立たせないように乱尺のタイル「サンワカンパニーのネバダホワイト」を使いました。2階へ上がる階段の土間は黒い磁器質タイル仕上げですので、同じ物をアクセントを白いタイルの模様に設けました。

階段の入り口にアイアンの門扉が取り付けました。最後に店舗のオリジナルドアハンドルを待つだけです。デザインはもちろん亀型です!色は青緑さびです。お楽しみに!


2012年12月10日 ・
アイアンの看板

P1020197.JPG

やっと足場を落として、2号線から丸見え!カームハウジング不動産の事務所は完成しました。

アイアンの看板、マスコットのカメの飾りは金物工房作です。目立ちますが上品。可愛いけど大人な感じします。この青いフレーム+クラッシュタイル+アイアンの装飾は良いコンビネーションだったと思います。

近づいて視ると:1階の垂れ壁のかげで高さ的のバランスも良くなりました。

P1020219 (Custom).JPG

内装はまだ完全に終わってない。階段の仕上げに色違いのフロアタイルを使言いました。見た目も楽しいし、実際に見本帳変わりとして使ってください~



kaidan-resize.JPGnaisou-resize.JPG



1階のお店で塗装工事が完了すれば、家具の設置で開店!


2012年12月 5日 ・
第2次埋め戻し

先日、先行して立ち上げた900mm分を埋め戻していきます。

掘削時から比べると2m弱埋め戻しました。
隣地との高低差が無くなっていくので、
歩いていても安心感が出てきました。

埋め戻し

埋め戻し02

内側の埋め戻し部分はスラブ(耐圧盤)を打つ為、
ショベルで締め固めた後、さらに締め固めていきます。

締め固め

キャンチ部の足場の為に
下部には平らな部分が出来ました。
平らな部分

| コメント ()

天井下地

とても寒くなってきました。

現場での打ち合わせでは手がかじかんで思うようにペンももてません。。。

工事は天井下地を組み始めています。
同時に電気や設備の配管を仕込んでいきます。

天井下地

ダイニングから続く半屋外のインナーテラスの
開口部にはアーチをもうけます。
アーチ

| コメント ()

 


・ニュース・


2012年12月

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31






・プロジェクト毎





















・ 最近の記事


1Fレベルのスラブ
小庇
現場打合せ
 

・ 最近のコメント


松本 眞 ご質問記入
dodici12 ご質問記入
松本 眞 ご質問記入


3Dウォークスルー