2012年2月ニューズ

デザイナーズ住宅 設計事務所紹介デザイナーズ住宅english page

2012年2月16日 ・
ALC組み立て完了まもなくです

今日の英虞湾はとってもおだやかです。
風もなく現場は気温が低いから肌寒いだけで、とても空気がおいしいです。
外観全景
今日の現場は、ALC板の組み立てが屋上手すり部分を除きほぼ組み立て
られていました。
外観は立体として見れるようになり、屋内に入ると窓の位置などが分かるよ
うになってきました。
屋内の様子
下の写真は、曲面部分の施工状況です。
半径3mの曲線をつくるのに鉄骨の胴縁をALCの角度にあわせるのではなく、鉄骨材を円形
に加工したものに、ALCを定位置に固定して行くという技術者の技量が出ています。
写真では伝え難いですが、とてもキレイに組み上がっています。
曲面施工状況

| コメント ()

2012年2月 9日 ・
ALC搬入

今日からALC板の搬入です。
クレーンで慎重に搬入をしています。
ALC材の搬入
搬入を終えると、ALCを固定するための金物の取り付けに入ります。
ALCの材料は、施工図に合わせて工場で高さ・幅を調整されたものが現場に届きます。
なので、固定金具の取り付け位置はしっかり距離を測っていかなければいけません。
ALC取り付け金物の固定
下の写真は、丸窓を取り付けるための下地枠です。
一番大きい枠は、直径1m以上になる丸窓です。
結構大きいです。
この窓が、あの階の、あの面に付くのかぁ。
外部から見るとアクセントになるでしょう。
室内からだとちょっとドキドキするけど見晴らしは良いです。
丸窓の取り付け下地枠

| コメント ()

2012年2月 3日 ・
土間コンクリート

日本中が、寒波に見舞われた翌日の今日、現場定例に朝から車を走らせました。
道中での雪景色は、ほんの一部でした。
運転する私の緊張も溶けて現場に向かいました。

現場は、土間コンクリートの打設を終え養生期間と屋上テラスのパラペット立ち上がりを加工していました。
土間コンクリート打設 2階.JPG
階段部分コンクリート打設.JPG
屋上パラペット立ち上げコンクリート型枠組.JPG
土間コンクリート打ちを追っかけるように、鉄骨の錆び留め補修も行なっています。
コンクリートは、流動性質のため、上端を均していると少しはあふれ出ます。
あふれたコンクリートをとり、更に鉄骨の補修を施して行きます。
鉄骨部さび留め補修.jpg

| コメント ()

 


・ニュース・


2012年2月

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29






・プロジェクト毎





















・ 最近の記事


ALC組み立て完了まもなくです
ALC搬入
土間コンクリート
 

・ 最近のコメント


松本 眞 ご質問記入
dodici12 ご質問記入
松本 眞 ご質問記入


3Dウォークスルー