2005年11月ニューズ

デザイナーズ住宅 設計事務所紹介デザイナーズ住宅english page

2005年11月25日 ・
西宮市・S邸新築工事: 屋根工事

ガルバルム鋼板の屋根です。ガルバリウム鋼板の瓦棒葺きは強度もあり、加工しやすく、大きな曲面屋根も作る事が出来ます。
11mの一枚物の鋼板に裏張りしているポリエチレンフォームは防音、結露防止の役割を果たしていています。大きな屋根ですが、細心の注意を払いながら設計、施工しています。

Continue reading "西宮市・S邸新築工事: 屋根工事" »

| コメント ()

2005年11月12日 ・
大阪市帝塚山・新築工事 地鎮祭

昨日は土砂降りの雨だったのに、地鎮祭の今日はすっかり雨も上がり、晴れ間さえのぞいていました。今年1月にお施主さんに始めてお会いしてから早10ヶ月、大阪市住吉区の住宅もようやく地鎮祭の運びとなりました。土曜日ということで、お施主さんの2人のお子さんも参列されて儀式の一部をしっかりと担当されました。めったに味わえない経験が出来たことだと思いますし、 いい思い出になってほしいものです。

Continue reading "大阪市帝塚山・新築工事 地鎮祭" »

| コメント ()

淡路島・N別荘新築工事 FRP防水

淡路島の住宅は急ピッチで工事が進んでいます。だんだん海から吹く風は強くなってきましたが、お天気も良かったこの日、お風呂場や屋上の防水工事のチェックをしてきました。FRPと呼ばれるガラス繊維を混ぜた樹脂の防水です。お風呂場は2階にあり、しかもユニットバスではなく在来工法の造作浴室です。防水には気を遣います。この浴室の窓からは、浴槽に入ったまま、瀬戸内海や橋が一望できるという、絶景の浴室です。

Continue reading "淡路島・N別荘新築工事 FRP防水" »

| コメント ()

2005年11月11日 ・
西宮市・S邸新築工事: 鉄鋼階段

西宮の住宅も棟が上がり、いよいよ巨大な鉄骨階段が2つ、吊込まれることとなりました。高さ10mに近い大屋根越しに、クレーンで屋根から建物の中に吊り下ろされた階段は、見事に所定の位置に収まっていました。一つはリビングルームから上がっていく緩やかなカーブのメイン階段、もう一つは2階からロフトに上がる螺旋階段です。まだ手すりは付いてはいませんが、上り下りも楽で、ゆれも全く感じません。お年を召したお母さんがよくいらっしゃるこの家の階段は、勾配を緩やかにして楽な上り下りが出来るようにし、運動も兼ねて景色が眺めらるように工夫されています。メイン階段の踊り場からは、市街地のパノラマが一望できます。

Continue reading "西宮市・S邸新築工事: 鉄鋼階段" »

| コメント ()

2005年11月 5日 ・
淡路島の中間検査

P1010062

先日は淡路の現場の中間検査。
建築業界ではない方には分かりにくいでしょうが、家を建てる時、途中で中間 検査というのがはいることが多いです。
多いですと表現したのは、一定の基準で中間検査対象か否か、判定が行われる からです。
この検査は、木造住宅の場合、骨組みが立ち上がって、屋根の下地がふきおわ った頃に行われます。主な検査の対象は、ちゃんと筋交いが設計通り入ってい るか、金物が設計通りに使ってあるかどうか、耐力壁が設計通りに入っている かといった所です。
この金物、地震でばたばたと木造住宅が倒れるのに業を煮やした国土交通省 が、告示という形で指導しています。木造住宅というものは、昔は棟梁の経験 一つで建てられてきたもの、そんなに規制は厳しくありませんでした。金物に ついても、告示が出たのはそう古いことではありません。
この金物の使用に関しては賛否両論があります。
一つは、木造建築は本来柔軟に動いてこそ、その耐久力を発揮するものだとい う考え。地震に対してもしなやかに柳のように受け流してこそ木造建築だとい う考えです。もう一つは、そうはいっても、被害が一杯出ているし、そんなに 柔らかに対応できる建築ばかりじゃないから、金物でがちがちに固めてしま え、という考えです。いまの国土交通省の考えは後者に基づくと考えられま す。(私の理解が間違っているかもしれませんので、その時は誰か指摘して下 さい。)
後者の考えに立つ時、一番問題になるのは文化財的建築物。もちろん、国宝・ 重文・その他県や市の指定文化財は法の緩和がありますから、問題は少ないで す。
しかし、残す価値のあるものはそれだけではありません。登録文化財なん ていうのは、大して保護されません。そうなると、修復の時、金物を使うか使 わないか、問題となります。
私には、まだはっきりとした判断はできません。しかし法を守らないと建物が 建てられないのは事実です。
中間検査の話から、木造金物の話に飛んでしまいました。この話題はもうちょ っと奥が深そうですね。
誰かよく知っている人がおられましたらコメント下さい。若手ネットのDr.フ ランキーさんなんか、一言コメント頂けませんか。あさみ編集長のコメントも 期待したい所ですね。
PA270048

丘の下から見上げると、こんなに出来上がってきました。

| コメント ()

 


・ニュース・


2005年11月

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30






・プロジェクト毎





















・ 最近の記事


西宮市・S邸新築工事: 屋根工事
大阪市帝塚山・新築工事 地鎮祭
淡路島・N別荘新築工事 FRP防水
 

・ 最近のコメント


松本 眞 ご質問記入
dodici12 ご質問記入
松本 眞 ご質問記入


3Dウォークスルー